2006-01-25 [ qssystemグループのカレンダー ]

<前の日 | 今日 | 次の日>

2006-01-25

[]第7回磁性・統計力学談話会

http://spin.phys.s.u-tokyo.ac.jp/seminar/mag_stat_danwa.html

日時:1月25日(水)午後6時半より

場所:理学部1号館9階933号室

講演者:吉田誠先生(東京大学物性研究所)

講演タイトル:有限Haldane鎖のエネルギー微細構造とその鎖長依存性-強磁場ESRによる直接観測

講演要旨:

一次元量子スピン鎖は量子揺らぎのために長距離秩序を示さず特異な基底状態をとるが、そのようなスピン鎖を有限鎖長に切った場合、有限鎖の状態は系本来の相関を反映するかたちで鎖長依存性を持つと考えられる。今回我々は、強磁場ESRにより有限Haldane系(Y2BaNi1-xMgxO5)の低エネルギー励起(鎖端スピン状態)を鎖長分解的に直接観測することに成功した。この結果から、実際に有限Haldane鎖の鎖端状態が特徴的な鎖長依存性を持つことを実験的に明らかにした。さらに鎖長依存パラメータ実験的に非常に精度よく決定した。この鎖長依存性のパラメータを有限鎖の数値計算と比較することにより、相関長などの系本来の情報を精度よく得ることが可能となる。セミナーでは測定及び解析結果の詳細を解説する。

* はてなダイアリーキーワード:2006-01-25